本当にあったパチプロのはなし

ちょっと変わった経験談や、ギャンブルとの向き合い方について書いています。

設定漏洩でドルマッチの6を打った話

f:id:shohn656:20210115044017j:plain

このブログの売りの一つは「本当にあった~」と銘打ちつつも、それが本当にあった話なのか、あるいはフィクションなのかがよく分からないというところです。なので、今回の話も、どちらなのかはよく分かりません。

 

今回の話は墓場まで持っていくような悪事でもないし、清廉潔白を売りにしているわけではないし、仮に何かしらの罪に問われたとしても時効だと思うので別に良いんですけど一応書いておきましょうか。この話はフィクションです。

 

 

とある北関東の片隅で

東日本大震災の年だったと思うのでおそらく2011年。場所は北関東の辺鄙なパチンコ屋。向き合っているのはドルマッチ。結構昔のマイナー機なので知らない人も多いと思います。というか、私自身もこの1回しか打ったことがなく、スペックや演出など全然覚えておらず、これを書くためにピーワールドの機種説明を見返しました。

 

いわゆるA+ARTの機種で、BIGが204枚、REGが60枚、ARTは40ゲーム固定で継続率+ストック、純増1.8枚。設定6の割は112.5%。ちなみにメーカーはJPS。ボクシングをモチーフとしたアメコミみたいな世界観で、なんかひたすら卵を食ってたのを覚えていますが、それ以外は覚えていません。いや生卵をひたすら食ってたのよ。ロッキーみたいに。

 

いま改めて調べてみるとスペック面は意外と悪くなく、世界観も独特で尖ってるし、もうちょい流行っても良かった気がしますが、当時は似たようなA+ARTの機種も多く、震災の影響等もあったのか分かりませんが全然流行りませんでした。

 

当時、東京に住んでいた私が、北関東の辺鄙なパチ屋で、なぜそんなマイナー台を打っていたのかというと、設定漏洩に近いようなことがあったからです。

 

設定漏洩はよくあるのか

都市伝説的な話として、あるいは店舗やライターの不祥事として、この手の話が語られることがままありますが、私が関わったのは2回だけ。私のパチスロ歴は15年ぐらいなので、7〜8年に1度の珍事ですね。ただ裏を返せば、業界になんの縁もゆかりも無い人間でもごく稀にあるということは、意外とよくある話なのかもしれません(ちなみに、もう1回は修羅の刻の設定6。機会があればそのうち書きます)。

 

設定漏洩と一口にいっても色んなパターンがあって、ライターの指定台とかメーカーや業者の接待を除けば、店長の小遣い稼ぎだったり、何かしらのキックバックを伴うことが多いんでしょうけど、特にそういうのはありませんでした。

 

だいぶ年月が経っているとはいえ、流石に詳しく書けないのでボヤッと書きますけど、当時の私は輸入商社のような会社で仕事をしていて、お客さんにパチンコ専門の広告代理店があって、そこの営業の一人と結構仲が良かったんですけど、その人から話が回ってきました。「明日、茨城のパチ屋の設定横流しできるんですが打ちません?」「うえーい。打つ打つ。やっほーい」みたいなノリ。その営業とパチ屋の間で金銭的なやり取りがあったのかは知らんし、なんで話が回ってきたのかは分からん。

 

実際、本当に分からんのよね。これ一回キリだったし、商売上、こっちが売る側で代理店はお客さんだったので恩を売る必要もないし。震災後のバタバタで、その営業ともだいぶ疎遠になってしまったし。まぁ真相は闇の中ということで。

 

なんでドルマッチだったのか

話が来たのが前日の夕方ごろ。翌朝、眠い目を擦り擦り、東京から車で北関東に向かいました。2時間ぐらいかかったんじゃないかなたしか。ちなみにド平日。会社には早朝に体調不良で病院に行ってから出社すると匂わせつつ、結局は終日休む作戦でいくことにしました。

 

何故ドルマッチみたいな謎な台を選んだかというと、それしかなかったから。いや、そら割が高い台を打ちたかったですよ。当時でいうと緑ドンVIVAとかリンかけ日本jr編とか、設定6が119%の機種も普通にありましたからね。でも、その辺の機種には高設定がなかったんですよ。候補としては、ろくでなしブルースかかドルマッチかの二択で、普通に考えたらろくブル(設定6で116%)を打つべきだったんだと思うんだけど、当時は新台でそこそこ人気があり打たれていたので、人気の無いドルマッチに行ったんだと思います。

 

結果発表

普通に勝ちました。たしか3000枚ぐらい勝ったんじゃないかな。設定の分かりやすい機種ではない…どころか、ろくに設定判別もしていなかったと思うんですけど、たぶんリーク通り設定6だったと思います。ろくブル含め、他の候補台も普通に出てたので、多分ガセではなかったんじゃないかな。

 

高設定挙動なのにボロ負けしたとか、店側にバレて出玉没収の上摘発されたとか、そういう事件があればオチがついたんですけど特に後日談もないのでオチはありません。

 

ちなみに、今回の話が構成要件を満たしているのかは知りませんが、設定漏洩に背任罪が適用された事例があるそうです。ただ、それは漏らした側(店舗関係者)に適用される可能性はあっても、打った側はまた違う罪になるんでしょうね。ゴトみたいなノリで窃盗罪とか建造物侵入罪になるのかな。いずれにしてもよろしいことではないのは確かなので、その点はご注意を。

 

 

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村