本当にあったパチプロのはなし

ちょっと変わった経験談や、ギャンブルとの向き合い方について書いています。

ザ・フィクション ~パチスロと共に生きる男~

f:id:shohn656:20200315005020j:plain

「ザ・ノンフィクション」というテレビ番組をご存じでしょうか。

 

私は全く見たことがないので、全然ご存じではないわけですが、最近、結構人気のテレビ番組らしいんですよね。一応、ドキュメンタリーということは知っている、というか、タイトルで何となくわかるのですが、それ以上のことは一切知りません。

 

超適当ざっくり計算ですからね!

www.pachislot-pro.com

 

以前、記事にしたことがあるのですが、パチンコ・パチスロで生計を立てている人は、かなり少なく、おそらく、日本人のうち5,000人に1人ぐらいだと私は思っています。決して褒められた稼業ではありませんが、希少価値は高いでしょう。

 

これって「ザ・ノンフィクション」になりませんかね?

   

というわけで、今回は「ザ・ノンフィクション」を見たことがない私が勝手に書く

 

「ザ・フィクション ~パチスロと共に生きる男~」

 

「ノン」が抜けているから、別にパクリでもないし、好き勝手に書いてもいいだろうという判断です。

 

手前味噌で恐縮ですが、今でこそ専業とは言えないものの、これでも長年パチスロで食ってきたわけです。今日は、私のガチ稼働の一日に密着。フィクションを交えつつ、ドキュメンタリー風に紹介しましょう。立ち回りの参考にして頂ければ幸いです。

 

www.pachislot-pro.com

 

 

ガチプロの朝は早い…

f:id:shohn656:20200315005220j:plain

今回、密着するのは、パチスロ稼働における第一人者である、ガチプロ「三島あじ太郎さん(仮名)(30代前半・独身)」。この道6年のベテランである。

 

ガチプロの朝は早い…

午前4時、三島さんの住まいであるマンションの一室には、既に明かりが灯っている。

モニターに向かって、何か作業をしているようだ。

 

Q.何をされているのでしょうか?ホールの分析ですか?

「いえ、これは、モンスターハンターワールドというゲームです。あ、ちょっと待ってくださいね。もうすぐ終わりますから」

「…クソがッ!マジ、煽ってきやがって、お前、味方だろうが…!!あぁッあぁー負けたじゃーん。…ふっざけんなよ!!チャアク乙じゃねーよ!!お前が最後乙ったんだろうが!!」

 

Q.白熱されていますね?

「すみません…ついつい熱中して言葉が汚くなってしまいました。…っざけんなよ!!確かに俺、3乙したけど、戦犯じゃねぇーだろ!!ちゃんと飯食ってっから!猫保険発動してるから!!体力珠3積みだぞ?!それに、ちゃんとクラッチ傷つけやってたじゃん!…ダメだこいつら」

「…ちょっと今日はもういいすか?気分悪いんで寝ます」

 

そう言って、彼はベッドに潜り込んだ。我々が声を掛ける間もなく、狭い室内にいびきが響き渡る。我々は、少し勘違いしていたようだ。朝が早かったのではなく、どうやらただの夜更かしだったらしい。

 

ガチプロの朝は遅い…

f:id:shohn656:20200315005538j:plain

午前8時半ごろだろうか。

突然、彼の携帯電話が鳴った。どうやら目覚ましアラームのようである。彼はむくっと起き上がり、慣れた手つきでアラームを止め、再びベッドに潜り込んだ。

そう、二度寝である。

 

Q.起きて、抽選を受けに行かなくて良いのでしょうか?

「…ッゴゴッッ…グァーッ…グァーッ……スピー…スコッ…」

 

カエルのようないびきが、空しく返ってくるだけであった。

 

眠れる獅子が、ついに目覚める 

f:id:shohn656:20200315015824j:plain

時計の針が12時を回った頃、ついに彼が目覚めた。

 

Q.起きるの遅くないですか?もう開店してますよね?

「あー、ん?…おはようございます。あー、毎日8時半に起きるよう心掛けているのですが、最近、ケータイの調子が悪くて…フワァァ…しょうがないので、今日はサブの地域に行きたいと思います」

 

Q.サブの地域というと、遠出でしょうか?移動は車とか?

「いえ、家から歩いて10分ぐらいのところなので、徒歩で攻めたいと思います」

 

そう言ったと思った瞬間、彼は準備を始めた。

歯を磨き、顔を洗い、服を選び、身だしなみを整える。その間わずか15分。普通である。

 

汚いスニーカー履き、彼は家を飛び出した。

 

徒歩で「攻める」。

少し含みのある言い方が、耳に残る。

気になった我々は、ホールへ向かう道すがら、彼にこう尋ねた。

 

Q.徒歩で「攻める」とは、どういった意味合いでしょうか?

「え、そんなの言いましたっけ?…あ、コーヒー買ってもらってもいいですか?えぇ、あ、できれば甘いやつで」

 

特に意味はなかったようだ。なぜかコーヒーを奢らされてしまった。

 

www.pachislot-pro.com

  

遂に…稼働開始

f:id:shohn656:20200216101352j:plain

ホールについた彼は、数台のデータランプをチェックした後、1台のマイジャグラーに腰を落ち着けた。島のカド台、前日ビッグ2回、レギュラー0回の台である。

 

Q.この台を選んだ理由は?

「まず、カド台であるという事。片側にしか人がいませんから、過ごしやすいんですよね。次に空調。この店は暖房が効きすぎて暑いのですが、この辺りだと、暖房にあたりにくくて、温度がちょうど良いんです」

 

Q.それだけですか?

「まぁ、見ていてくださいよ。私が長年食ってこれた『理由』ってやつをお見せしますよ」

 

そう言って自信満々に台を回し始めたが、1万円使っても、2万円使ってもその台のGOGOランプが点灯することはなかった。

 

www.pachislot-pro.com

  

これが、プロの台移動

f:id:shohn656:20200315014245j:plain

突然、彼が席を立ち、ちょうど真後ろにあったアイムジャグラーに移動した。

前任者のおば様が、2,000枚ほどお持ち帰りしている台のようだ。

 

Q.台移動ですか?マイジャグを見切るには早いように見えますが

「いや、薄々感づいていたのですが、あのマイジャグ、ランプが切れていますね。基盤もちょっとおかしい。たぶん、コンデンサがショートしてると思います」

 

Q.このアイムジャグラーを選んだ根拠は?

「さっきから少し気になって、注視していたのですが、この台、枠の点灯パターンが少しおかしいんですよね。 パターンというか、光り方がキレイなので、高設定の予感がします。いや、まぁプロにしかわからないレベルの差なんですけど」

 

www.pachislot-pro.com

 

遂に…稼働終了

f:id:shohn656:20200218043541j:plain

22時。すっかり夜も更けた頃、彼は遂に稼働を終えた。

頭上には2つのドル箱。当然、空っぽである。

 

Q.今日の結果と感想をお願いします

「えー…投資が2,600枚、回収が0枚なので差枚でマイナス2,600枚ですね。まぁ、やることやった結果なので、特に感想とかはないですね。明日も期待値を追うだけです」

 

Q.ちなみに今日のアイムジャグラーの推測設定は?

 「難しい所ですが、バケ確率が1/800、ブドウは数えてませんが、逆算すると、1/7.1ほどでしょうか。まぁ、適当なんですけど。以上のことから、恐らく設定1と思われます」

 

最後に、気になったことを一つ聞いてみた。

 

Q.最初の台選びの際に仰っていた、「長年食ってこれた『理由』」を教えて頂けますか?

「え、そんなの言いましたっけ?…あ、晩飯おごってもらえないすかね?…はい、お金無くなっちゃって。えぇ、牛丼でいいんで。あ、カルビ焼肉定食でもいいすか?えぇ、はい、あ、ダブルでお願いします」

   

www.pachislot-pro.com

  

まとめ

勢いで書いた。後悔はしている。

「ザ・フィクション」ですからね。ご注意ください。

 

実はこれもリライト。

なんと、このブログの初記事がこんな感じの内容だったんですよね。

 今回の記事はフィクションですが、元記事はノンフィクションです。

 

www.pachislot-pro.com

  

 

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村